ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding”では、無料で全国の結婚式場をご案内!結婚に役立つ情報をご提供します。 サイトマップ
ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding” ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding” ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding” ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding”
東京−式場 東京−ホテル 名古屋エリア 関西エリア
東京レストラン・ハウスウエディング
複数の結婚式場への資料請求が一括でできます。送料は全て無料!
リゾート ウェディング ブライダル衣装 ブライダルギフト ブライダルジュエリー
結婚式場 式場資料請求 恋文募集 男と女の掲示板
結婚アンケート 結婚知恵袋 占い&運命の人 ホームページ倶楽部

      結婚知恵袋 その日を迎えるあなたの為に知っておきたいブライダル情報

 衣装
花嫁の装い(洋)花嫁の装い(和)衣装選びとお色直し花婿の装い媒酌人・両親の装い
       
花嫁の装い(和)  
     
格式高い白無垢は人気があります。
 
 

 和装の婚礼衣装で、最も人気格式の高い礼装とされているのが、打掛、掛下、帯から扇子にいたるまで、すべて白色で統一した白無垢です。花嫁にふさわしい清楚で厳かな雰囲気を醸し出します。白色は花嫁の清純無垢な清らかさを表し、「これからどんな色にも染まる」という意味があるとも言われています。これに対して白以外の打掛のことを色打掛と呼びます。金や銀、朱など、華やかな色を使った豪華な打掛は晴れの席にふさわしい装いです。
  色打掛は披露宴で着るという印象がありますが、正式な式服として使用できます。また、打掛のように裾を引いた黒地の振袖も、正式な装束となります。現在は和装といえば白無垢や色打掛というイメージがありますが、昭和30年代頃までは、黒の引き振袖が最も一般的な花嫁衣装でした。

 
 
角隠しか綿帽子かは好みで選べます。。
 
 

花嫁は、挙式のときには、角隠しか綿帽子をかぶります。白色が、花嫁の清純な印象を一層高める「綿帽子」は、花婿以外の人に顔を見られないようにかぶったといわれています。すっきりと端正な印象を与える「角隠し」は、角を隠して素直に従うという意味をもっています。どちらを選ぶかは、好みで決めて良いのですが、白無垢には綿帽子、色打掛には角隠しを選ぶ人が多いようです。

 
 
レンタルの場合でも下着と足袋は自分で用意
 
   

 打掛などは大変高価なうえに、挙式後は着る機会もすくないので、レンタルする人がほとんどです。その際に、下着と足袋は自分で用意します。下着では、肌じゅばんと裾よけは必ず用意しておきましょう。その他のものが必要な場合もあるので、貸衣装屋さんと打ち合わせをするときに確認を。
  足袋、ぞうりは、足に合ったものを選びましょう。両者ともサイズ選びは慎重に。ただでさえ履き慣れていない上に、挙式当日は長い間立っているのですから、サイズがピッタリあっていないと、立っているのが苦痛になってしまいます。

 

サイトマップ