ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding”では、無料で全国の結婚式場をご案内!結婚に役立つ情報をご提供します。 サイトマップ
ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding” ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding” ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding” ブライダル情報&応援サイト“Happy Wedding”
東京−式場 東京−ホテル 名古屋エリア 関西エリア
東京レストラン・ハウスウエディング
複数の結婚式場への資料請求が一括でできます。送料は全て無料!
リゾート ウェディング ブライダル衣装 ブライダルギフト ブライダルジュエリー
結婚式場 式場資料請求 恋文募集 男と女の掲示板
結婚アンケート 結婚知恵袋 占い&運命の人 ホームページ倶楽部

      結婚知恵袋 その日を迎えるあなたの為に知っておきたいブライダル情報

 衣装
花嫁の装い(洋)花嫁の装い(和)衣装選びとお色直し花婿の装い媒酌人・両親の装い
       
衣装選びとお色直し  
     
自分に似合い 個性を引き立ててくれる衣装を
 
 

 挙式のスタイルが決まったら、花嫁の最大の関心事、衣装選びにとりかかります。衣装選びのポイントは、第一に自分に似合い、個 性を引き立ててくれるものであること。
 まずは、自分が好きなデザインを選ぶことですが、身長、体型、年齢、その人の寡囲気でも似合う衣装が変わってくるため、自分の好みだけに固執せず、プロの衣装係のアドバイスにも耳を傾けましょう。好きな衣装が、必ずしも似合うわけではないのです。

 
 
新郎や会場とのバランスも考慮しましょう
 
 

 第二は新郎とのつり合いを考えること。和装洋装のバランスだけでなく、新郎の身長、体型も考慮しましょう。
 第三には、挙式、披露宴との調和も重要です。神前式や人前式なら和洋どちらでも大丈夫ですが、キリスト教式なら洋装、仏前式なら和装になります。
 披露宴では、豪華で規模が大きい披露宴なら、衣装も華やかなものに。身内だけの披露宴や、友人中心の披露宴なら、豪華すぎるより親しみやすい衣装を選ぶなど、披露宴の格や招待客の層を考慮に入れることも大切です。

 
 
衣装にかけられる予算をきちんと考えましょう
 
   

 衣装を決めるときに、忘れてはならないのは予算です。予算を決めずにお店へ行っても、焦点が絞りにくく、お店の人もアドバイスのしようがありません。また、つい高額なほうに目を引かれがちになってしまいます。
 全体の結婚資金の中での予算配分を考え、衣装にかけられる予算をある程度決めておきましょう。そのうえで、購入かレンタルかなど、それぞれの利点を考えて方針を決めます。

 
 
衣装選びは遅くとも1力月前までに  
     満足する衣装を探すのは、意外に時間がかかるものです。日程に余裕をもってじっくり選びましょう。挙式の6カ月前から選び始め、 4〜3ヵ月前くらいまでに決定するのがベストです。ブーケやメイクの担当者と打ち合わせすることも考えると、遅くとも挙式の1ヵ月前までには決定しましょう。  
 
衣装が決まったらヘアメイクの打ち合わせを  
     衣装が決定したら、ヘアメイクの担当者と打ち合わせをして、当日のヘアメイクを決定 します。ヘアメイクは、ホテルや式場専属の美容室に頼む場合と、ふだんから信頼するヘアメイクアーチストに頼む場合があります。 全体にどんなイメージに仕上げたいかは、雑誌の切り抜きなど、具体的な見本がある場合は、持参するとよいでしょう。
 和装の場合、かつら合わせはサイズを合わせるだけでなく、その人の顔形に合わせて鬢の長さなどを調整する結い直しをしてもらいます。洋装の場合は、ベール、帽子、コサージュなど、頭を飾るヘッドドレスに合わせて、より美しく見える髪型を考えましょう。
 
 
お色直しの回数は平均1回  
     お色直しの風習は日本独特のもの。白無垢などの式服から、華やかな色のついた衣服に着替え、婚家の家風に染まるという意味合いがあります。
 お客様に違ったイメージの自分を見てもらう喜びはありますが、披露宴の主役である花嫁、花婿が頻繁に退席すると、せっかくのスピーチも聞かれなくなり、望ましくありません。最近はお色直しの回数は減る傾向で、花嫁のお色直しは1回という人が主流です。
 
 
和装のお色直しは振り柚か色打掛  
     和装のお色直しは、本振り袖か、中振り袖を着用します。
 式服に振り袖を着るときは、黒振り袖が正式ですが、お色直しなら華やかな色振り袖がよいでしょう。式服と格をそろえ、染めや箔、刺繍などを使った格調高い装いを選びます。
 また、挙式の白無垢から、色打掛に替えてお客様をお出迎えするというパターンなら、 掛下は替えずに打掛を替えるだけなので、簡単で合理的な方法です。
 式服は和装で、お色直しは洋装にするケー スも多く、その場合は白いウエディングドレスを選ぶ人がほとんどです。お色直しで着るウエディングドレスは、挙式のときのような格式を重んじたものではなくて大丈夫ですから、大胆なデザインのものなどを着たい人は、このときに。
 
 
お色直しのドレスは 華やかで個性を生かせるものに  
     挙式がウエディングドレスの場合、お色直しは、鮮やかなカラードレスに。昼は肌をあまり露出しないアフタヌーンドレス、夜はデコルテを開けたイブニングドレスやカクテルドレスが適当です。
 ウエディングドレスとはなるべく違うデザインで、より大胆で華やかなものにすると効果的です。ただし、花嫁としての気品や初々しさは忘れないようにしたいものです。
 
 
お色直しをしない人は アクセサリーやブーケで変化を  
     お色直しをせずに、挙式から披露宴まで純白のウエディングドレスだけで通す人も増えています。この場合、ヘッドドレスやアクセサリー、ブーケを替えるだけでイメージが変わり、素敵な演出になります。  

サイトマップ